売り時の見極め


世にあるさまざまな商品の売買と同じように、不動産取引きにも、オンシーズンとオフシーズンがあります。 したがって、中古マンションを売却する際の相場金額も、取引きを行なう時機によってそれなりの影響を受けることとなります。



1月から3月、9月から11月にかけての時機は、不動産取引きのオンシーズンとなります。 その内、1月〜3月は一番の繁忙期で、子どもの卒業や新入学、自身の勤め先企業における人事異動などに合わせて、家の住み替えを行なう人が最も多くなる時期です。 この時期には、人の出入りが多くなり、それに伴って物件の動きも活発になるという訳です。



需要も供給も多くなる繁忙期には、マンションの売却金額が早い時期に上がりますが、その分だけ売れるスピードも速まります。 そのような事情を踏まえると、この時期に物件を売却する場合、早い内に決断を下すことがポイントになると言えます。 その反対に、閑散期には、高い売却金額がつくまでに長い時間が掛かりますが、それだけ余裕を持って手続きを進めることが可能となります。 オフシーズンのマンション売却に際しては、あせらずにじっくりと売り時のタイミングを待つことが大切なファクターになります。