お手入れをしっかり


自身の売却する中古マンションを、購入者にとって住んでみたいと思えるような、魅力的な物件にすることができれば、高値で取引きされる可能性も高まります。 例えば、住む人が入れ替わるたびにメンテナンスを行なえば、物件に新たな価値を付加することが可能となります。 特に、住んでいた期間が長い場合には、クロスの張替えやシステムキッチンの入替えなどを行なう重要性も高くなります。



そのように、設備を交換するためには、当然ながらそれなりのコストも掛かります。 したがって、思うようには行かないこともありますが、少なくとも、内覧日までに物件の清掃を徹底しておくことは必要となります。 個人間で物件を売買する場合でも、購入者はお客さまだという気持ちでいることが大切になるでしょう。



そして、購入者の立場になって考えてみれば、同じ中古マンションでも、掃除の行き届いた物件に魅力を感じることは容易に想像のつくことでしょう。 購入者の中には、買った後にフルリフォームを行なうので、そうした事柄は気にならないという人も存在します。 とは言え、そのような人と取引きする場合、売却金額もそれなりに低くなってしまう可能性が高いので、注意する必要があります。